ここから本文です。

HPVワクチンキャッチアップ接種の公費助成は、2025(令和7)年3月末で終了です

 ヒトパピローマウイルス感染症ワクチン(HPVワクチン)の接種機会を逃した方を対象としたキャッチアップ接種の公費による接種期限は、2025年(令和7年)3月末までです。
 本村の対象者には、令和4年以降予診票を同封の上、個別案内していますが、期限が迫ってきましたので、再度ご案内いたします。

  ○
期限後は、助成はできず、自費接種となりますので、検討されている方は、期限までの接種をお勧めします。
  ○この予防接種は、合計3回で、完了までに約6か月間かかるため、お早目の接種をご検討ください。


 詳しくは下記のパンフレットをお読みください。
 公費によるキャッチアップ接種は2025年3月末まで
 平成9年度生まれから平成19年度生まれのまでの女性への大切なお知らせ


  なお、北海道では、接種後に症状が生じた方やその保護者からの多岐にわたる相談に対応するため、
 「北海道子宮頸がん予防ワクチン総合相談窓口 電話:011-206-0359」を設置しています。
  詳しくはこちら 北海道保健福祉部感染症対策局感染症対策課 
 

お問い合わせ

住民課

保健予防係

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る