ここから本文です。

後期高齢者医療制度~整骨院・接骨院、はり・きゅう、あんま・マッサージのかかり方~

整骨院・接骨院、はり・きゅう、あんま・マッサージのかかり方

★ 医療費の適正化について
 整骨院・接骨院、はり・きゅう、あんま・マッサージなどの施術を受ける場合には、医療保険が『使える場合』『使えない場合』があります。
 医療保険の使える範囲を正しく理解し、適切に受診することが医療費の適正化につながります。医療費の適正な支出のため、皆様のご理解とご協力をお願いします。

 整骨院・接骨院(柔道整復師)のかかり方について

◎医療保険が使える場合◎
♦医師や柔道整復師に骨折、脱臼、打撲及び捻挫等(肉ばなれを含む)と診断または判断され施術を受けたとき
※骨折・脱臼については、応急手当の場合を除いて、あらかじめ医師の同意が必要です。
♦骨・筋肉・関節のケガや痛みで、負傷原因がはっきりしているとき
×医療保険が使えない場合× 
♦脳疾患後遺症などの慢性病や症状の改善がみられない長期の施術
♦保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷等の治療中のもの
♦施術所以外で施術を受けた(往診は除く)場合
 

 はり・きゅうのかかり方について

◎医療保険が使える場合◎                 
♦神経痛、リウマチ、五十肩、腰痛症、頸椎捻挫後遺症、頸腕症候群などの慢性的な疼痛を主症とする疾患
×医療保険が使えない場合×
♦疲労回復や慰安を目的としたもの       
♦医師の同意がない場合
♦保険医療機関(病院、診療所など)で同じ対象疾患の治療を受けている場合
 

あんま・マッサージのかかり方について

◎医療保険が使える場合◎
♦筋麻痺(筋肉の麻痺)、関節拘縮(関節が硬く完全に曲がらない、あるいは完全に伸びきらない症状)など
×医療保険が使えない場合×  
♦疲労回復や慰安を目的としたもの
♦医師の同意がない場合

*領収書は必ずもらって保管しておきましょう。

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る