ここから本文です。

【報告】10.8星座観測体験会「秋の星座と豊穣の月、そして躍動する惑星たち」

 10月8日(土)ふれあい公園星座観測場で「秋の星座と豊穣の月、そして躍動する惑星たち」が開催されました。
 開会時、やや曇空がみえたものの200人を超える非常に多くの人が来場しました。今回は初めて参加した来場者も多く、新聞記事やSNSで天文台整備の話を聞き来場した方もいたようです。天文台整備の話を前段ですると「おおっ!」、「すごい!楽しみ」といった歓声が沸き上がりました。
会場望遠鏡
 来場者は50cm反射式望遠鏡を整備した天文台建設という明るい話題や、林氏のわかりやすく興味深い内容の解説に、すぐに引き込まれていきました。雲は徐々に無くなっていき、美しく光輝く十三夜の月が見え始め、空には満点の星々と大きく光り輝く月が空に浮かび、木星・土星といった惑星たちが存在感を増し会場の皆は新篠津村の夜空の視界の良好さやその美しさに魅了されていました。
 参加者は説明を聞いた後、各々4台の天体望遠鏡を周遊。望遠鏡ではそれぞれ観ているものが異なり、土星のリングや木星の縞模様に参加者は興奮していました。また前回大人気だった「スマートフォンでの星空撮影講座」は身近にあるスマートフォンでも綺麗な写真を撮影できることに皆驚き、SNSに投稿する参加者も多く非常に楽しんでくれたようです。
星座月
 今回も新篠津温泉たっぷの湯では、当日温泉とキャンプ場に宿泊する人でこのイベントに参加希望の方を星座観測場まで送迎をしました。ほとんどの利用者が満足し、温泉と星に癒される、良い旅思い出になったと思います。
 今回は新規のお客様も多く村内及び近隣市町村で宇宙・天体・星空への関心が高いことをあらためて感じました。また令和5年度に予定している天文台への期待はかなり高く、専門家・解説員など知識のある詳しい方の参加も多かったと思います。今後も「美しい空のまち」として村の空をPRしていきます。
 

お問い合わせ

総務課商工観光係

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る