ここから本文です。

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、令和3年度分の住民税非課税世帯等に対して、1世帯あたり10万円を支給します。

支給対象

 1 住民税非課税世帯

   基準日(令和3年12月10日)に新篠津村に住民登録があり、世帯全員の令和3年度分の
  住民
税均等割が非課税である世帯。ただし、世帯全員が、住民税が課税されている者に扶養さ
  れている
世帯は除く。

   新篠津村では、対象となる可能性の高い世帯に対して、令和4年2月9日に「確認書」
  を送付しています

  

対象世帯の例 世帯主Aと配偶者Bの高齢者夫婦の世帯(非課税)と別世帯の子C・子D(課税)

 

事例

支給の可否

ABともに子C(課税)の扶養となっている

支給対象外

Aのみが子C(課税)の扶養となっている

支給対象

Aが子C(課税)の扶養、Bが子DBを扶養することで非課税)の扶養となっている

支給対象


 2 家計急変世帯

   上記「1 住民税非課税世帯」に該当しない世帯のうち、申請時点で新篠津村に住民登録が  
あり、
令和3年1月以降に新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変し、同一世帯に属す
る方全員
が住民税非課税世帯と同様の水準であると認められる世帯

非課税相当額(給与収入の場合)※収入額ベースは概ねの額

扶養人数

 

家族構成例

非課税相当限度額(収入額ベース)

非課税相当限度額(所得額ベース)

0人

単身または扶養親族がいない

930,000円以下

380,000円以下

1人

配偶者や親族(計1人)を扶養している

1,380,000円以下

830,000円以下

2人

配偶者や親族(計2人)を扶養している

1,684,000円未満

1,110,000円以下

3人

配偶者や親族(計3人)を扶養している

2,104,000円未満

1,390,000円以下

4人

配偶者や親族(計4人)を扶養している

2,504,000円未満

1,670,000円以下

5人

配偶者や親族(計5人)を扶養している

2,904,000円未満

1,950,000円以下

障がい者、寡婦、ひとり親、未成年

2,044,000円未満

1,350,000円以下

支給額

1世帯あたり10万円(1世帯1回限り)

受給権者
 

原則として、支給対象世帯の世帯主

申請方法等
 

 1 住民税非課税世帯

新篠津村から対象に該当する可能性のある世帯へ2月中に「確認書」を送付しますので、お手元に届きましたら、内容をご確認のうえ、所定の欄にチェックや記入等をし、同封の返信用封筒でご返送ください。

 ※令和3年1月2日以降に新篠津村に転入された世帯は、対象に該当する可能性があると確認で
き次
第、順次「確認書」を送付します。

 ※申請・受給権者となっている世帯主が基準日以降に亡くなられて、その世帯が単身世帯
 の場合、世帯自体がなくなってしまうため給付金を受けることはできません

  

 ○提出書類

 1 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金支給要件確認書

 2 振込先の金融機関の口座の通帳やキャッシュカードの写し

   ※上記1の確認書に記載の支給口座に振り込みを希望する場合は、添付不要

 3 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)の写し

    

 2 家計急変世帯

   申請書に振込先口座(世帯主の本人名義の口座に限る)などの必要事項を記入し、振込先口
座の
通帳などの写しと本人確認書類(運転免許証など)の写しを添付し、郵送または直接提出
してください。

 

 ○申請期間

  令和4年2月10日から令和4年9月30日まで

 

 ○提出書類

 1 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯)

 2 振込先の金融機関口座の通帳やキャッシュカードの写し

 3 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)の写し

 4 簡易な収入(所得)見込額の申立書

 5 令和3年中の収入の見込額などの状況を確認できる書類(給与・事業・不動産・公的年金に
係る
各種収入書類の写し)
 ※新型コロナウイルス感染症の影響ではない収入減少により給付金を申請した場合は、給付金
の返還が必要です。

申請書ダウンロード

 申請書(家計急変世帯)[PDFファイル]

 申請書(家計急変世帯)記載例[PDFファイル]

 収入(所得)見込額の申立書(家計急変世帯用)[PDFファイル]

 収入(所得)見込額の申立書(家計急変世帯用)記載例[PDFファイル]

お問い合わせ

総務課総務係

電話:0126-57-2111

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る