1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. 感染症(新型コロナウイルス感染症関連)
  4. 関係各省庁からのお知らせ・協力要請
  5. 【お知らせ】北海道の新型コロナウイルス感染者情報の公表の見直しについて

【お知らせ】北海道の新型コロナウイルス感染者情報の公表の見直しについて

 村民の皆様へ

本村の新型コロナウイルス感染症対策につきましては、日頃より、格別の御理解、御協力をいただいていることに感謝を申し上げます。

さて、このたび、6月18日開催の「北海道新型コロナウイルス感染症対策本部会議」において、次のとおり感染者情報の公表の見直しがありましたので、お知らせいたします。

なお、本村としては、今後も、「新型コロナウイルス感染症の患者発生の公表に関する基本方針」に基づき、人権尊重及び個人情報やプライバシー情報の保護に最大限配慮しながら、行政上の対応が生じた場合(休校、休館、窓口封鎖等)には、皆様に防災行政無線、ホームページ、新聞折り込み等でお知らせいたします。

 

 

感染者情報の公表の見直しについて

 

1 現状

現行、道では、感染症法等の関係法令等の下、公衆衛生上の必要性と個人情報の保護とを比較衡量しながら、本人の同意が得られた内容について、患者の年代や性別等を感染者ごとに公表。

その際には国が居住地を都道府県単位で公表することを基本とする中、本道の広域性や人の動きなども鑑み、振興局単位で公表している。

 

2 見直しの理由

道の公表方法に関しては、道議会等から、市町村単位等での居住地公表の検討が必要との意見があるほか、道の「新型コロナウイルス感染症対策に関する検証中間取りまとめ」においても「個人情報への配慮を前提とした的確な情報開示」を課題とし、「道として、感染拡大防止対策の推進、個人情報の保護、積極的疫学調査など保健所活動への影響等の観点も踏まえ、市町村とも充分協議を重ね、道として対応を整理する」としたところ。

こうしたことを踏まえ、道では、より適確な公表のあり方を検討してきた中、公表に関する市町村へのアンケート調査結果や、見直し(原案)に対する市町村や有識者からの意見を参考とし、国における公表基準見直し検討が進められている中ではあるものの、今般、国から、より身近な地域単位での感染状況の分析・評価を重視して専門的見地からの議論を進める方向性が示されたことなど、新たな国の動きにも鑑み、現時点の知見等を考慮した道における速やかな整理として、次のとおり見直すこととする。

 

3 見直しの内容等

(1)基本的な考え方

感染された方や、そのご家族等への差別や偏見、誹謗中傷が起こることのないようにしていくとともに、個人情報の保護に配慮しつつ、道民の皆様お一人お一人が自ら感染予防等に適切な行動をとることができるよう地域の感染状況を適確、かつ分かりやすく伝えることに重点を置いた公表とする。

 

(2)見直し内容

ア 毎日の公表では、振興局ごとの人数等、全道の患者の身体状況別人数等を 公表(※1)

イ 1週間に1回、市町村ごとの7日間累計感染者数を公表

ウ 国籍、職業、陽性確定日は、感染拡大防止の観点から特に必要がある場合 に公表

※1 個別公表は行わないので、本人同意の確認は不要となる。(「非公表」なし)

※2 3(2)イについては、施行日の1週間後の直近月曜日から。

 

4 施行日

令和3年6月20日(日)(※2)

 

5 北海道の公表サイト

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kst/kak/hasseijoukyou.htm

問い合わせ先

住民課保健予防係
電話:0126・57・2111 内線360
このページのトップに戻る
前のページに戻る
サイトマップ


〒068-1192 北海道石狩郡新篠津村第47線北13番地 新篠津村役場総務課 TEL 0126-57-2111 FAX 0126-57-2226