1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. 感染症(新型コロナウイルス感染症関連)
  4. (重要なお知らせ)新型コロナウイルス感染症に係る北海道からの協力要請について

(重要なお知らせ)新型コロナウイルス感染症に係る北海道からの協力要請について

 村民の皆様へ

日頃より、本村の新型コロナウイルス感染症対策に当たり、特段のご理解、ご協力をいただいておりますことに心よりお礼申し上げます。

さて、11月17日開催の「北海道新型コロナウイルス感染症対策本部会議」において、本道の新規感染者数の増加とともに、世代間や地域での感染の広がりが見られる中、入院患者数も増えていることなどを総合的に判断し、専門家や市町村等の御意見も踏まえながら、札幌市だけを対象に、独自の警戒ステージを「4」相当に上げ、不要不急の外出自粛などを要請することが正式に決定しました。

そのため、改めて、令和2年11月7日(土)から令和2年11月27日(金)までの3週間、現状の感染拡大を抑え込むため、集中的に取組を進めることとなりました。

つきましては、村民や事業者の皆さんにおきましては、次のとおり道からのお願いが出されておりますので、一人ひとりが「新北海道スタイル」を実践し、感染リスクの低減に向けた行動をしていただくよう改めてお願いします。

【道民及び道内に滞在している皆様への要請】

感染リスクを回避できない場合

・札幌市との不要不急の往来を控えるようお願いします。

■感染リスクを回避する行動の更なる徹底。特に飲食の場面におけるリスク回避の徹底をお願いします。

■マスクの着用など高齢者、基礎疾患を有する方等と接する場合の慎重な行動の徹底をお願いします。

■発熱や咳があるなど体調が悪い場合に外出を控えるようお願いします。

■「新北海道スタイル」の実践を宣言している店舗や施設を選んで利用するようお願いします。

■テレワークの推進や時差出勤などの更なる活用をするようお願いします。

■国の接触確認アプリ(COCOA)や道のコロナ通知システムの更なる活用をするようお願いします。

 

【事業者の皆様への要請 】

■新北海道スタイルなど、感染拡大防止対策の更なる徹底をお願いします。

 

〇特措法に基づく協力要請の内容補足 ~ 札幌市内を含む道全域 ~(参考)

■ 感染リスクを回避できない場合の例

○ 新北海道スタイルを実践していない施設等の利用

○ 密閉された屋内において、人との距離が十分に保たれない長時間の会合

○ 飲食の場面においては、大人数、例えば5人以上の集まり、マスクをしな

い大声での会話、2時間を超えるような長時間の飲食など

■ 体調が悪い場合の例

○ 発熱や倦怠感、咳、のどの痛み、味覚・嗅覚の異常、筋肉関節の痛み、吐

き気がある場合など

 

令和2年11月18日

新篠津村新型コロナウイルス感染症対策本部長 新篠津村長 石塚  隆

問い合わせ先

住民課保健予防係
電話:0126-57-2111 360
このページのトップに戻る
前のページに戻る
サイトマップ


〒068-1192 北海道石狩郡新篠津村第47線北13番地 新篠津村役場総務課 TEL 0126-57-2111 FAX 0126-57-2226