1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. 感染症(新型コロナウイルス感染症関連)
  4. (重要なお知らせ)新型コロナウイルス感染症に係る北海道からの協力要請について

(重要なお知らせ)新型コロナウイルス感染症に係る北海道からの協力要請について

村民の皆様へ

本村の新型コロナウイルス感染症対策につきましては、日頃より、格別の御理解、御協力をいただいていることに感謝を申し上げます。

道内の感染状況については、医療・福祉施設に加え、飲食店等において集団感染が多く発生し、新規感染者が100名を超える日が続いているとともに、入院患者数も700名程度で推移するなど、依然として厳しい状況が続いています。

特に、小樽市においては、人口当たりの感染者数が極めて高い水準となっており、幅広い業種にわたる集団感染の発生により感染拡大が続き、今後は市中における感染がさらに広がる可能性もあります。

こうした状況を踏まえ、1月28日開催の「北海道新型コロナウイルス感染症対策本部会議」において、今般、小樽市での感染拡大を防止するため、小樽市内において「不要不急の外出を控える」こと及び「小樽市との往来を控える」ことについて、特措法に基づく要請の措置を講ずることとなりました。

つきましては、村民や事業者の皆様におきましては、次のとおり、道からのお願いが出されておりますので、一人ひとりが「新北海道スタイル」を実践し、感染リスクの低減に向けた行動をしていただくよう改めてお願いします。

 

【集中対策期間】

国の緊急事態宣言を踏まえ、強い危機感を共有して、集中的に取り組む施策~

期間  令和3年1月16日(土)~ 令和3年2月15日(月)

※小樽市に係る追加施策は、令和3年1月28日(木)~令和3年2月15日(月)とします。

【道民及び道内に滞在している皆様への要請】

■緊急事態宣言の対象地域との不要不急の往来を控えるようお願いします。

感染リスクを回避できない場合

・札幌市及び小樽市との不要不急の往来を控えるようお願いします。

・外出自粛など都府県において行動制限が要請されている地域との不要不急の往来を控えるようお願いします。

■感染リスクを回避する行動の徹底

できる限り同居していない方との飲食は控えるようお願いします。

・「新北海道スタイル」の実践を宣言していない店舗や施設の利用を控えるようお願いします。

重症化リスクの高い方(高齢者、基礎疾患を有する方等)と接する方及び重症化リスクの高い方においては、マスクの着用、手洗いなど感染リスクを回避する行動を更に徹底するようお願いします。

・発熱や咳があるなど体調が悪い場合に外出を控えるようお願いします。

・国の接触確認アプリ(COCOA)や道のコロナ通知システムを徹底して活用するようお願いします。

■営業時間短縮等の要請に呼応した行動変容の要請

・札幌市内における接待を伴う飲食店を午後10時から翌午前5時まで利用しないようお願いします。

札幌市中央区のうち、南3条から南8条まで、西2丁目から西6丁目までの 区域・狸小路1丁目から狸小路7丁目までの狸小路に面する区域においては、飲食店等を午後10時から翌午前5時まで利用しないようお願いします。

 

【事業者の皆様への要請 】

業種別ガイドラインや新北海道スタイルなど、店舗における感染拡大防止対策の再確認と徹底をお願いします。

休憩場所や食事場所など、職場での感染リスクが高い場所の再点検をお願いします。

■テレワークや時差出勤などのより一層の徹底をお願いします。

 

〇特措法に基づく協力要請の内容補足 ~ 札幌市内を含む道全域 ~(参考)

■ 感染リスクを回避できない場合の例

○ 新北海道スタイルを実践していない施設等の利用

○ 密閉された屋内において、人との距離が十分に保たれない長時間の会合

○ 飲食の場面(同居者のみの場合を除く)においては、大人数、例えば5人

以上の集まり、マスクをしない大声での会話、2時間を超えるような長時

間の飲食など

■ 体調が悪い場合の例

○ 発熱や倦怠感、咳、のどの痛み、味覚・嗅覚の異常、筋肉関節の痛み、吐

き気がある場合など

 

令和3年1月29日

 

新篠津村新型コロナウイルス感染症対策本部長 新篠津村長 石塚  隆

問い合わせ先

住民課保健予防係
電話:0126-57-2111 360
このページのトップに戻る
前のページに戻る
サイトマップ


〒068-1192 北海道石狩郡新篠津村第47線北13番地 新篠津村役場総務課 TEL 0126-57-2111 FAX 0126-57-2226