1. トップページ
  2. くらしの情報
  3. 特別定額給付金について

特別定額給付金について

 4月20日、総務省から特別定額給付金として一人当たり10万円給付の概要が発表されました。主な内容は以下のとおりです。

特別定額給付金に関するお知らせ

対象

 国籍を問わず、4月27日時点で住民基本台帳に記載されている方。
 外国人の方も対象。ただし、短期滞在者、不法滞在者、住民基本台帳に記録されていない方は対象外。

受給権者

 世帯主

手続きの方法

  1. 住民票がある市区町村から申請書が世帯主宛に送られる。
  2. 世帯主の方が、申請書に記載されている世帯員の氏名を確認し、世帯主名義の金融機関の口座番号等の必要事項を記入。
  3. 口座の確認できる書類(通帳、キャッシュカード等(口座番号、カナ氏名の書かれた部分)と、本人確認の書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証等)のコピーを一緒に返送。
  4. 家族分の給付金が振り込まれる。
     ※申請書の提出は感染拡大防止の観点から原則、郵送又はオンラインとなります。ただ
     し、やむを得ない事情がある場合は窓口における申請及び給付を行います。
     ※マイナンバーカードをお持ちの方は、オンライン申請も可能。
     【スマホ篇・新ver】これでわかる!特別定額給付金のオンライン申請の手順(2020年5月14日更新)  
  5. DV被害者の方は、お住まいの市区町村へ申請が必要です。

申請の受付開始日及び申請期限について

  • 申請受付開始日は令和2年5月12日です。申請期限は令和2年8月11日です。期限を過ぎると辞退したものとみなします。

配偶者からの暴力を理由に逃避している方

 配偶者からの暴力を理由に避難している方で、今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、所定の手続きをしていただくと、世帯主でなくても同伴者の分を含めて特別定額給付金をうけることができます。

対象となる配偶者からの暴力を理由に避難している方の要件

次の1~3のいずれかに該当する方

  1. 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
  2. 婦人相談所から「配偶者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力 相談支援センター、市町村等)の確認書が発行されていること
  3. 令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制度等の「支援措置」の対象となっていること

申請日

 令和2年4月27日(月)、4月28日(火)、4月30日(木)
(4月30日を過ぎても「申出書」を提出することはできます。)
 受付時間:午前8時45から午後5時15分(平日のみ)

申請に必要なもの

 下記の3つの書類が必要です。

  • 婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害者申出確認書
  • 保護命令決定書の謄本又は正本
     ※同伴者がいる場合は、同伴者についても記載されていることなどが必要です。
  • 「申出書」
    「申出書」ダウンロード 特別定額給付金受給に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書
     ※「申出書」は、配偶者からの暴力を理由に避難していることを申し出るものです。

申請窓口

 新篠津村役場総務課総務係(特別定額給付金窓口)
 電話番号 0126-57-2111
 

新篠津村からのお知らせとお願い 

 感染症拡大防止の観点から、申請は同封する「返信用封筒」によりお願いします。
 ※給付金を装った詐欺にご注意願います。
 

このページのトップに戻る
前のページに戻る
サイトマップ


〒068-1192 北海道石狩郡新篠津村第47線北13番地 新篠津村役場総務課 TEL 0126-57-2111 FAX 0126-57-2226